06-6684-9965
 06-6684-9964

ようこそ、
BRAIX
のWEB-SITEへ!

道頓堀:大阪を訪れる外国人の人気スポットになっています。

お知らせ

大阪府下では、新型コロナが依然安心できる状況には至っていないと判断しております。 お客さま及び社員の健康と安全を最優先して、当面次のようにさせていただきます。
1)9月30日までは、特別の場合を除き対面での営業は控えさせていただきます。 そこで、電話やFAX、あるいはメールでのご相談やご連絡を継続させていただきます。
2)やむを得ず、面談が必要な場合は、お客さまのほうからご遠慮なくご連絡ください。 日時内容につきまして、お客さまと調整させていただきます。
3)営業時間:午前10時から午後4時。 (なお、土日及び祝日は休日です。)
4)連絡先:下記をご覧ください。
5)緊急連絡先:午前9時から午後7時 (土日休日も可能です) *留守電の場合、必ずお名前と用件のメッセージを残してくださいますよう お願い申し上げます。必要に応じて、折り返しお電話差し上げます。 当面、特別体制のために、お問合せなどの回答にお時間をいただく場合もございます。
お客様には、ご迷惑とご不便をおかけいたしますが、
よろしくご理解とご了承ほどお願い申しあげます。
<出入国在留管理庁認定:
登録支援機関>

株式会社ブレイックス
  〒542-0061
大阪市中央区安堂町2-3-5
<連絡先>
TEL:06-6684-9965
/FAX:06-6684-9964
MAIL:info@braix.jp

コンサルテーション

当社は出入国在留管理庁の「登録支援機関」です。
外国人雇用関連企業で外国人をすでに採用されているか、または今後、外国人を雇用する計画がある企業様に以下のようなご相談承ります。 英語そのほかの外国語での対応が可能です。
1.日本入国前の生活ガイダンス
2.入国時の空港出迎え及び出国時の空港見送り
3.外国人の住居確保支援
4.在留中の生活オリエンテーション
5.日本語習得支援(英語併用)
6.外国人用の各種行政手続き支援
外国市場開拓
1.特定海外市場(インド・ベトナムなど)のデータ提供サービス
2.特定海外市場フィージビリティサービス(データサイエンス応用)

システムサービス

製造業/サービス業(ホテル・飲食店)のシステム開発
HP(日本語・英語)制作とメンテナンス
PCメンテナンス/移行作業など

翻訳・通訳サービス

1.外国語(英語・アラビア語・ウルドゥ語・ペルシア語など)の日本語翻訳・通訳
2.外国語ニュースサイト翻訳
3.外国人アテンドサービス(店舗/工場案内)
4.会社案内/パンフレット等制作(英語・諸外国語)

ビジネス・
エージェンシー

南九州(特に宮崎・鹿児島)の企業様との連携に特に注力しています。
1.地方企業のイベント・展示会の企画と支援
2.地方企業の東京/関西圏での営業促進と支援
3.地方企業の東京・関西圏新規開拓支援

About Us

株式会社ブレイックスの概要は次のとおりです。
私たちのモットー:「3C」
1.創造的であること:
TO be "CREATIVE".
2.顧客第一であること:
TO be "CLIENT-ORIENTED".
3.積極果敢であること:
TO be " CHALLENGING".
設立:2006年5月設立
資本金:2000万円
代表取締役:竹之下勇美
所在地:542-0061
大阪市中央区安堂寺町2-3-5
E-MAIL:info@braix.jp

TOPICS

「偶然が歴史を変える!」
ある西洋人の修道士が、海で遭難し漂流の末に、 幸運にも命を救われたある一人の日本人漁師を 紹介された。彼らが出会ったのはマレイシアのマラッカであり、1547年のことだった。 ある日、修道士が字を上から下に書いているその日本人の姿をみかけ、問いかけた。 「なぜ文字を縦に書くのか」と。なぜなら、左から右へ書く西洋の文字とは全く違うやり方だからでである。 アンジロウと名乗るその青年が答えて曰く。 「逆に、なぜ神父さんは下へ向けて書かないのですか?」 「人間の頭は上にあり、足は下についております。下にむけて書くのが自然の理にかなったことではありませんか?」 彼の筋の通った説明を聞いて、修道士は深く感動し、アンジロウの育った日本という国は、開けた国であるに違いないと信じた。 そこで、本部の上司にこの会話内容をしたためた書状を送り、自分をキリスト教の布教のため、その日本に送るように求めたのであった。 この修道士が、日本で最初に本格的なキリスト教布教を始めた、フランシスコ・ザビエルなのである。 ホーム

NEWS

「鹿児島の奄美島に、九州一の滝発見!」
ホーム

奥野文保氏提供:霧島連山の威容